Home
Home > FXスワップポイントとは金利 通貨を持っている時に損益が発生する注意点

FXスワップポイントとは金利 通貨を持っている時に損益が発生する注意点

FXにおけるスワップポイントについて。英単語では「SWAP」意味は「交換・取替」などです。

 

FXの「Exchange」の意味と同様ですので、複雑にならないように、意味は意識しなくても良いと思います。

 

また、スワップ金利という用語も有名ですが、スワップポイントとは異なりますので、ここでは触れずに進めたいと思います。

 

では、FXのスワップポイントについて、説明を進めたいと思います。

 

FXのスワップポイントとは金利

FXとは、お金を売り買いして、取引時の値段の差で、損益が発生するものです。

 

ですが、スワップポイントは、それとは多少異なっていて、売り買いしてポジションを持っている時に収益・損失が生じるものです。

 

ポジションとは、通貨の取引は「売る・買う」どちらの注文からでも始める事が出来ます。

 

そのため、新規注文で取引が始まり、決済注文で取引が終わります。この場合、新規が「売る」なら、決済は「買う」になります。

 

 

 

その新規注文から決済注文の間、通貨の売り買いが終わっていない時をポジションを持っているといいます。

 

新規注文が「買い」なら、買いポジションを持つという事です。このポジションを持っている間に、スワップポイントが発生するのです。

 

では、「お金には金利」というものがあります。銀行にお金を預けていると、そのお金が増える金利というものがありますが、スワップポイントはそれと全く同じです。

 

金利何パーセント、といったもので、日本の銀行では金利がとても安い為に、あまり意識した事がないかもしれません。

 

しかし、それは日本の円であるからで、他のお金(通貨)では、金利が高いお金もあります。

 

そのお金同士の金利が異なる所が、スワップポイントです。

 

専門用語のスワップポイントでは、金利の低い通貨を売って、金利の高い金利を買い、その差額を受け取る事が出来る、などとされています。

 

今一分かりづらいですので、もっと細かく説明しています。

 

スワップポイントは通貨の保有時に発生

スワップポイントは、金利の異なる通貨を売買し、ポジションを持っている間、その金利の差額が発生します。

 

金利と聞くと受け取る事が出来るものという印象ですが、FXでは金利を支払う事もある点に注意が必要です。

 

スワップポイントでいう金利は、通貨の新規注文時には発生しません

 

持った(ポジション)通貨を、一日持って初めて金利は発生します。正確には、FX会社の営業日をまたいで初めて金利が発生します。

 

土日が休日のFX会社の場合、月曜日にその分の金利が発生します。

 

つまり、今日ポジションを持った通貨には金利は発生しませんが、今日中に取引を終えずに保有したまま明日になれば、その保有しているお金に金利が発生します。

 

スワップポイントは、値動きに関わらず損益が発生すると言う事です。

 

金利は一般的には5%前後で、その比率は年単位になっています。1万円の金利5%なら、1年間で500円が利子として増える事になります。

 

ここで円でドルを買う場合を例にします。

 

  • 円の金利が0%で、ドルが5%だった場合、金利の差は5%です。
  • 円の金利が2%で、ドルが7%だった場合も、金利の差は5%です。

 

この例では、100ドルを購入して、1日保有した場合、5ドル×(1/365)=約0.014ドル(約1円)の金利が受け取れる事になります。

 

FXのスワップポイントは毎日受け取れる金利

金利は年単位で発生するものですが、FX取引のスワップポイントによる金利は日割り(日数/365)で受け取れます

 

ですので、1日でも通貨を保有していれば、その時の金利が受け取れるのです。反対に、金利の低い通貨を保有してたら、金利を支払う事になります。

 

先ほどの例なら、100ドルの金利5%ですから、1年保有して5ドル、その1日分は約0.01ドル、となります。日本円では約1円に換算されます。

 

FXのスワップポイントとは、毎日受け取れる金利というシステムとも言えるのです。

 

スワップポイントの活用方法

スワップポイントの活用の仕方として、頻繁に通貨の売り買いをしないで、安定した金利で、日本の円より金利の高いお金に交換して、保有しているだけで収益にしようという考えもみえたはずです。

 

事実、FX取引のスタイルで収益にしている方は多いです。そういう方をFXスワップトレーダーなどと呼びます。

 

FX取引のスタイルはいくつかありますが、堅実に少ない額でも積み重ねていくスタイルが、そのスワップトレーダーです。

 

資金が多ければ、多い数の通貨を保有しているだけで、毎日金利が受け取れます。

 

注意点はもちろんあります。金利は変動します。安定した金利はそもそも金利が0に等しいほど安く、金利が高いお金は安定していません。

 

金利で収益を考えるなら、その金利の変動に備えることも必要になってきます。

 

最大に注意点は、そもそもの通貨の値段です。保有しているだけで金利は発生しますが、通貨の値段が下がってしまえば、その分の損失になります。

 

保有を続ける場合は、通貨の値段に気を付け、通貨の値段が下がりそうな場合は一旦取引を終え、値段が落ち着いたらまたポジションを持つという取引の仕方が良いと思います。

 

スワップポイントである金利の変動はいつ

通貨の金利の変動は、その通貨を取り扱っている国々の情勢などで常に変動します。

 

大きな変動でなくても、少ない額が常に変動しています。

 

金利が高いと有名な「オーストラリアドル」「ニュージーランドドル」「南アフリカランドドル」などは、金利が高い反面、そのお金自体に価値はあまりあるとされていません。

 

金利の変動もありますが、そのお金自体の価値が全くなくなってしまうような事になれば、ロスカットでお金を手放して大きな損をする事になってしまいます。

 

 

 

FXのトレーダーが世界のニュースに日々注目している原因はそういう所にあるわけです。

 

アフリカやシリアなどで戦争が起これば、たちまちそこで使われているお金や、関係しているお金にも影響する可能性がありますから、大きくFX取引にも影響する事になるのです。

 

スワップポイントである金利が高い通貨

では、金利の高いお金は、なぜ高いのか。これは異なるお金そのものに関わる事ですので、スワップポイントに関連する事にだけ触れます。

 

金利が高い通貨は、先ほどあげた「オーストラリアドル」「ニュージーランドドル」「南アフリカランドドル」などがあります。

 

金利の高いお金は、その金利を高くすることで、流通させたいという原因があります。

 

円などは流通もしていて、価値も高いですから、金利を高くする必要はありません。

 

ですが、金利が高い通貨は、金利を高くすることで、流通させ価値を上げたい、という考えがあるのです。

 

金利が高い通貨は低い通貨と比べると不安定という見方になります。

 

金利の高い通貨は、通貨自体の値段も不安定の場合が多い為、金利の高い通貨は短時間で取引を終えるデイトレードに向いているかもしれません。

 

FXのスワップポイント 金利は誰が支払うのか

では、その金利を高くしたり、考えたり、その金利を支払うのは誰なのか。

 

それはそのお金を発行している国やその発行元です。日本では、円は正式名称が日本銀行券ですから、日本銀行です。

 

その他のお金も、それを発行している国やその発行元が支払います。

 

金利を支払って通貨を持ってもらう事で、その通貨の国で買い物がされたりなど、金利の支払い元に見返りがあるということなのです。

 

スワップポイントはFX会社ごとに違い

FX会社ごとに、スワップポイントのサービスは多少なりとも異なっています。

 

金利を受け取れる、または支払うタイミングはいつなのか。それはFX会社の営業日の終了時が一般的だと思います。

 

月曜日なら月曜日が終わった時点で、FX会社は土日や平日にも休みの場合がありますが、土曜日の場合は、月曜日の営業終了時に反映される事が多いです。

 

この営業日でない時の反映にはFX会社ごとに差がある所です。

 

また、その営業日でない曜日の金利をまとめて、スワップ3倍デーなどとして、月曜日が終わった時に土日月分をまとめて金利として受け取る事もあります。

 

そして、スワップポイントには、FX会社の手数料がかかってきます。この点も、FX会社によって異なる点です。

 

この点については、FX取引のスタイルであるなどの関連で、FX会社を選ぶ点にもなってきます。

 

この点などを含めたFX会社の比較も、参考にして頂きたいと思います。

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索