Home
Home > FXの始め方【初心者編】取引を始めるまでの環境を作る解説

FXの始め方【初心者編】取引を始めるまでの環境を作る解説

FXの始め方について、説明をしていきたいと思います。特に初心者に向けた、誰でも分かるような内容を心掛けたいと思います。

 

まずは、FXの始め方のゴールはどこなのかを、明確にしておこうと思います。

 

FXの始め方、つまりFXを始めるとは、実際に取引をするまでを意味しています。そこまで、いくつかの段階的に進んで行きたいと思います。

 

結論は環境整備まで

では、FXの始め方について、結論から申し上げたいと思います。

 

FXの始め方のゴールは、FXが出来る環境を整えるまで、です。

 

つまり、実際にFXが出来る所までの環境を作るということになります。

 

この結論をもとに説明を進めたいと思います。

 

FXとはそもそも何か

まず、FXとは、そもそも何でしょうか。FXとは「Foreign Exchange」の頭文字で、意味は外国為替証拠金取引です。

 

難しい用語ですが、意味は通貨(お金)を売り買いする事を指しています。

 

外国の通貨はそれぞれ価値が違いますから、売り買いする際に生まれる差額が損益になるのです。

 

通貨の売買の例
通貨の売買の例

上図の例では、資金が10円増えたケースです。

 

解説すると、100円の時に1ドルを買って、110円の時に1ドルを売ると、10円の利益が生まれます。

 

このように、通貨の値段が異なる時に売り買いする事で、損益が発生するのです。

 

反対に、上図の例の値段が逆だった場合、110円で買って100円で売る事になった場合は、10円を損する、つまり損益となります。

 

なぜ通貨の値段が異なるのか、変動するのか、また何故損をする状況で売らなければならないのか、など、色々な疑問点があると思います。

 

当ページは「FXの始め方」を特記したページですので、それらについては別のページで解説をしていますので、ご覧頂きたいと思います。

 

 

 

用意した環境に入出金

FXの始め方のゴールは、FXが出来る環境を整えるまで、です。

 

その環境とは、FXが出来る環境、つまり通貨の売り買いが出来る環境です。

 

ポイントは次の2点です。

 

  • 口座の開設
  • アプリなどのツールを用意

 

通貨の売り買いをするためには、注文をしなければなりません。

 

コンビニなどで買い物をするように、実際には手にとって買い物はしませんが、アメリカのドルならば、アメリカのドルを買いたいという注文をしなければなりません。

 

注文を出すところは、FX会社です。売り買いの流れは以下のようになります。

 

通貨の売買の流れ
通貨の売買の例

FX会社の利用者が注文を出して、それに対する入出金は、FX会社の口座を通じて行われます。

 

利用者は、FX会社の口座を開設して、注文するアプリなどのツールをご利用の端末に用意します。

 

購入資金は口座から支払われ、収益があったら口座に振り込まれ、出金もその口座からします。

 

口座の開設に関しては、銀行の口座を作ることと同じです。銀行の口座開設より、オンラインですべて済みますので、手続きは簡単な面もあります。

 

口座開設に関しては、関連のページを確認して頂けると分かりやすいと思います。

 

 

 

取引ツールの準備

注文するアプリなどのツールについて、説明を進めたいと思います。

 

FXに関して、注文をして通貨の売り買いする事を一まとめに言うと、取引といいます。

 

そういった事をFX取引といいますが、そのFX取引をするためのツールが必要になります。

 

これにも難しいことはなく、FX会社ごとに無料で提供している取引専用のアプリなどのツールが、PCやスマホなどの端末ごとに用意されています。

 

口座を開設したFX会社の取引ツールをダウンロードするか、ブラウザ上でも利用できるFX会社もあります。

 

おすすめは取引ツールを端末にインストールした方が、より高機能のツールが提供されていますから、確実な取引が出来ます。

 

取引ツールは、FX会社ごとに違いますから、その性能や特徴などで、FX会社を選ぶポイントになります。

 

おさらい

これでFXの始め方について、説明が最後まで進みました。

 

FXを始め方について要点を振り返ってみます。

 

  • FXが出来る環境を整える
  • その環境に必要なのはFX会社の口座とツール
  • FX会社を選ぶ

 

FXを始め方のゴールは、FXが出来る環境を整えるまでです。あくまで取引に関する知識は除きます。

 

その環境は、取引が出来る環境で、必要なのはFX会社の口座と取引ツールです。それらを用意すると、FXを始める事が出来ます。

 

このページでは、FXの始め方について特記したページですので、細かい点は省略している所がありますが、その点は別ページのリンクがありますので、確認して頂きたいと思います。

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索