Home
Home > FXチャートの見方 ローソク足の見方と簡単な分析の仕方

FXチャートの見方 ローソク足の見方と簡単な分析の仕方

FXのチャートの見方、ローソク足の見方について、説明させて頂きたいと思います。

 

チャートは図という意味ですが、FXのチャートはこれまでの値段の動きを表した図の事になります。

 

FXチャートは、過去のデータがそのまま表れている事になりますので、そのまま見るだけで、値段の動きだけではなく、FXの分析にも使われるのです。

 

なぜFXの分析に使われるのかと言うと、そのFXチャートの仕組みが関わっています。

 

それではまず、FXチャートの見方から確認していきましょう。

 

FXチャートの見方

FXチャートには、最近は黒い背景色のものが多いですが、初めて見方を知る場合には、白いシンプルなチャートが良いと思いますので、下のチャートを見本にしています。

 

FXチャート見本
FXチャート見本

上のFXチャートの見本は、見やすく部分的に拡大したチャートです。

 

FXチャートは折れ線グラフで示されています。そこに、四角形に棒が付いたFX専用の記号が付けられた図が、FXチャートです。

 

その四角形に棒が付いたFX専用の記号をローソク足といいます。

 

このローソク足が、そのFXチャートの分析に使われる事になります。

 

では、FXチャート全体の見方ですが、それは折れ線グラフの見方と同じです。

 

FXチャートは、横軸が「時間」縦軸が「値段」です。

 

横軸は過去に遡って、分単位から年単位で見ることが出来ます。その単位を「」と言う事もあります。

 

例にすると、5分単位で遡ってFXチャートを見たい場合は、5分足、などという事もあり、そのFXチャートを5分足チャートと言う事もあります。

 

これはFXのデータの提供元で異なる場合がありますが、FXチャートの見方は同じです。

 

横軸:1日の動き「日足」、1週間の動き「週足」、1ヵ月「月足」

 

では縦軸ですが、これは値段です。値段の幅は0.001円位から何万円という幅に切り替えてみる事も出来ます。

 

FXローソク足の見方

FXチャートでは、グラフが変化した時に、FX専用の記号であるローソク足を使って、その変化を表しています。

 

そのローソク足を見れば、FXチャートの折れ線で起こった変化を分析する事が出来るのです。

 

では、ローソク足はどういう意味があるのか、ローソク足の見本を下に示して説明していきましょう。

 

FXローソク足 見本
FXチャート見本

ローソク足の見方は見本に書かれていますが、専門用語ですので解説を含めたいと思います。

 

  • 例:チャート線の各値は一日のものとします
  • 始値:一日の取引が始まった時の値段
  • 終値:一日の取引が終わった時の値段
  • 高値:一日の取引の中で最も高かった値段
  • 安値:一日の取引の中で最も安かった値段

 

このローソク足は、横軸の単位を切り替えると、その単位ごとにそれぞれを表します。

 

上の例では一日を横軸の単位にしていますが、これが5分単位ならその間のそれぞれの値になります。

 

ローソク足そのものにも名称があります。上の見本にも書いてありますが、ローソク足そのものを「実体」その上下の線は「ヒゲ」と言います。

 

ローソク足の色は、取引が始まった時の値段より、終わった時の値段が高ければ「陽線」。終わった時の値段が始まった時より値段が高ければ「陰線」となります。

 

上の見本の場合、陽線は赤、陰線は青、です。これはほとんどのFXチャートで同じように赤と青で表されています。

 

この陽線は、取引開始より終わった時に値段が高い場合で、つまり総合的に値段が上がった事ですので、赤い色で表されます。

 

では陰線は、その反対で値段が下がってしまったという意味合いで、青い色で表される事が多いです。

 

FXのローソク足はデータそのもの

冒頭でFXチャートは、FXの分析に使われると説明しました。では、その分析はどのように使われるのでしょうか。

 

それは、ローソク足を見てデータの分析に使うのです。

 

最も基本的な分析は、ローソク足を見て、昨日の一番高い値段を参考に、それより今日は上がらないだろう、もっと上がるだろう、と考える事があります。

 

また、間接的に、なぜ昨日のローソク足の形は何故なのか、値段に影響する出来事があったのか、などと考える事になるのです。

 

詳しいデータの分析の仕方はさまざまありますので、別のページにて説明しています。

 

 

 

 

 

では、そのローソク足の形に含まれる、意味についてです。

 

ローソク足の形には名前が付けられているので、意味を合わせて下に一覧を書いております。

 

この形は多く存在しますから、無理に覚える必要はありません。必要な時に下の一覧を見て確認する方が確実だと思います。

 

ローソク足一覧

ローソク足一覧
陽線
陰線
上ヒゲ・下ヒゲがなく値幅が大きいローソク足
  • 陽の丸坊主(大陽線)
  • 方向性暗示:上昇
  • 投資家心理(買方):上昇期待
  • 陰の丸坊主(大陰線)
  • 方向性暗示:下落
  • 投資家心理(買方):失望
下ヒゲがなく値幅が大きいローソク足
  • 陽の寄り付き坊主(大陽線)
  • 方向性暗示:上昇または上昇一服
  • 投資家心理(買方):上昇期待・高値警戒
  • 陰の大引け坊主(大陰線)
  • 方向性暗示:下落
  • 投資家心理(買方):上昇期待・高値警戒
上ヒゲがなく値幅が大きいローソク足
  • 陽の大引け坊主(大陽線)
  • 方向性暗示:上昇
  • 投資家心理(買方):上昇期待
  • 陰の寄り付き坊主(大陰線)
  • 方向性暗示:下落または下落一服
  • 投資家心理(買方):失望・反発期待
上ヒゲが実体と下のヒゲの合計がよりも長いローソク足
  • 上影陽線」(小陽線)
  • 方向性暗示:上値重く、調整局面入り
  • 投資家心理(買方):高値警戒・やや失望
  • 上影陰線(小陰線)
  • 方向性暗示:下落・調整局面入り
  • 投資家心理(買方):失望・高値警戒
下ヒゲが実体と上のヒゲの合計がよりも長いローソク足
  • 下影陽線(小陽線)
  • 方向性暗示:上値または上昇一服
  • 投資家心理(買方):上昇・反発期待
  • 下影陰線(小陰線)
  • 方向性暗示:下落一服または安値圏で反発
  • 投資家心理(買方):上昇・反発期待
下ヒゲと上ヒゲが長く、実体が短いローソク足
  • 陽のコマ(小陽線)
  • 方向性暗示:転換・転換近い
  • 投資家心理(買方):迷い・上昇期待
  • 陰のコマ(小陰線)
  • 方向性暗示:転換・転換近
  • 投資家心理(買方):迷い・失望
上ヒゲがなく、下ヒゲの長いローソク足
  • 下影陽線(陽のカラカサ)
  • 上ヒゲがなく、下ヒゲの長い陰線
  • 方向性暗示:安値圏で反発・高値圏で反落
  • 投資家心理(買方):安値圏では上昇期待
  • 下影陽線(陰のカラカサ)
  • 方向性暗示:安値圏で反発・高値圏で反落
  • 投資家心理(買方):安値圏では上昇期待
始値と終値が同値のローソク足
  • 一本同時(四値同時)
  • 安値・終値が同値
  • 方向性暗示:前後の動きによって転換
  • 投資家心理:迷い
  • 十字線
  • 上下にヒゲがある
  • 方向性暗示:転換・転換近
  • 投資家心理:迷い
  • トンボ
  • 上ヒゲがなく、下ヒゲが長い
  • 方向性暗示:安値圏の出現で転換
  • 投資家心理:迷い・安値圏で転換期待
  • トウバ
  • 下ヒゲがなく、上ヒゲが長い
  • 方向性暗示:高値圏の出現で転換
  • 投資家心理:迷い・高値圏で転換期待
  • 上十字線
  • 下ヒゲが長い
  • 方向性暗示:安値圏の出現で転換
  • 投資家心理(買方):迷い・安値圏で転換期待
  • 下十字線
  • 上ヒゲが長い
  • 方向性暗示:高値圏の出現で転換
  • 投資家心理:迷い・高値圏で転換期待

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索