Home
Home > FXのやり方 いつどこで 小学生でも分かるやさしい説明書

FXのやり方 いつどこで 小学生でも分かるやさしい説明書

FXのやり方の基本的な部分について、説明しております。

 

このFXのやり方についての説明には専門用語が付きますが、その専門用語はなるべく使わずに説明します。

 

重要な仕組みについては他のページで説明していますので、そこで重点的に解説をしています。

 

冒頭で要点を説明し、詳細な説明に進みます。冒頭の要点のみでご理解頂ければ、詳細な説明に進む必要はありません。

 

  • 要点「FXのやり方」
  • いつ・値動き表などで機会を計る
  • どこで・FX会社というお店で
  • どうやって・FX会社の口座とネットを使う

 

また、各点の詳細を確認したい場合など、以下の目次からジャンプする事で効率よく読み進むことが可能です。

 

内容は上から順番になっていますので、初めての方は上から順に読み進んで頂く事が最も効率が良いです。

 

FXは人それぞれ分かりやすい情報がある

FXのやり方について、説明している本やサイトなどは多く存在しますが、全くの初心者などFXに馴染みがない方が見たら、何の事かほとんど分からない場合やピンとこない場合が多いです。

 

それは、いきなりの専門用語や内容が固い説明だったりする事が原因です。

 

全くFXのやり方を知らない人に、何の手も加えずにそのまま説明すれば、当然分かりにくくなります。

 

まずはFXのやり方について、小学校でも教えられるように、本を読み聞かせるかのように説明する程度に、しっかり噛み砕いて説明を進めたいと思います。

 

当然、FXやそのFXのやり方について興味を持っていると思いますが、FXについて”敷居が高い・難しそう”などと思われるような事はありません。

 

そう思われた事があるのなら、そう思った情報があなたにとって分かりづらかったというだけの事です

 

人それぞれ分かりやすさは異なります。人によって伝わりやすさがありますので、出来るだけどなたがご覧になっても分かりやすいように、噛み砕いて説明しています。

 

決して難しい事ではなく、知らない情報なだけです。少し触れて慣れればすんなり理解できる情報です。

 

それでは、FXのやり方についてご説明いたします。

 

FXのやり方について

FXのやり方は、別のページで説明している通り、まずFXとは何か、と言う事を踏まえていれば、すんなり理解できると思います。

 

FXとは簡単に言えばお金を交換する事、その交換する時の差額で、お金の増減、損益につながります。

 

その増減が、お小遣いなどの収入を目的とした、FXの最も多い利用目的だと思います。

 

少し専門用語を使えば、FXでお金を交換する事を”取引”といいます。

 

これ以降、ごく稀に取引という用語を使った方が分かりやすい場合には、取引と言う用語を使って説明させて頂きます。

 

その取引がつまり”FXのやり方”です。

 

まず、”いつどこ”でという最も最初に疑問に思うところから順に説明を進めています。

 

FXのやり方 いつ

いつ、お金を交換”取引”するのか。それは取引するときの差額を目的としているわけですから、当然その差額がプラスの時に取引をします。

 

つまり、その時をご自分で判断して取引をする事になります。

 

この”自分で判断”する、という時が”いつ”になり、その判断で差が出るわけです。

 

当然FXについて”稼げた・損をした”という情報を耳にされた事があると思います。

 

なぜ人によって”稼げた・損をした”と別れるのか。それは人それぞれが取引するタイミングを”自分で判断”するため、結果が異なる訳です。

 

その自分で判断する、という点において、これには慣れもありますが、仕方がない場合もあります。これには、お金の価値”為替”が決まる時は常に動いている事に原因があります。

 

最も多く取引の判断とされるのが、値動きの表(チャート)を見て判断される事が最も多いです。

 

チャート 例
チャート 例

見方はチャート分析などと言われますが、折を見てそういった情報に触れる事も必要だと思います。

 

 

 

さて、自分の判断でお金を交換する”取引”するという所まで進みました。では、”どこ”で取引するのかという点に進みたいと思います。

 

FXのやり方 どこで

FXでお金を交換するのは、”どこ”なのか。

 

ここで少し専門用語に触れますと、FXとは”金融商品”とも言われています。

 

金融商品と言い換えるだけで、グッととっつきにくさや難しいように思いますが、ただの呼び名ですから、あまり構えなくても大丈夫です。

 

ただ金融”商品”と言うと、”どこ”について簡単に説明が出来ますので、あえて専門用語を持ち出しました。

 

この”商品”ですが、商品はお店で取り扱っていて、売ったり買ったり出来る、というものです。

 

つまり、FXという”商品”も、お店で取り扱っている訳です。

 

そのお店が”FXのやり方 どこ”です。

 

そのお店はどこにあるのか、と言えば、身近に店舗がある場合もありますし、目に触れている場合もあります。

 

ただFXに興味がない場合は、目にしていても記憶に残っていない場合があると思います。

 

そのお店は会社がやっていて、その会社を専門用語ではFX会社と言います。ここではFX会社と言うと堅苦しくなりますから、お店と言って説明を続けます。

 

FXという商品を扱っているお店は、身近にあるお店で、FXを取引する、という事です。

 

身近にあるというのは、FXを取り扱うお店は、主にインターネット上にある事から、そう表現しています。

 

なぜインターネット上なのか、お金はデータではなく、現物ですから、実際に手にするもの。

 

しかし実際の店舗でなく、インターネット上での取引が主流です。それは何故なのか。

 

FXのやり方 どうやって

お金をどうやって交換するのか。その方法は一つです。

 

お金の口座を使います。

 

口座にお金を入れて、交換(売り買い)する時に必要なお金を口座から使います。

 

また取引でプラスになったお金は、その口座に入ります。

 

そして、口座からお金を出せば、実際に手にするものになります。

 

なぜインターネットを通してやり取りするのか。

 

FXは最も身近な金融商品の一つです。何人に一人という割合は日に日に高まっていて、そのうち誰もがコンビニを利用するように、FXも利用されるようになるかも知れません。

 

世界中にお金はあるため、世界中に呼称は異なりますが、FXといった投資があります。売る人がいれば買う人がいる。またその反対も当然あります。

 

世界中でお金が交換されている、そういう事から、実際の店舗で店員が客一人ひとりに対応していたら、とても対応できないと言う事があります。

 

インターネットで注文をコンピューターで処理すれば、その世界中からの注文にも対応が出来る、という事になります。

 

その方が効率が良い、という事です。少し詳細に触れると、通貨のやり取りをしている銀行間をネットワークで結んで取引をしているという事です。その銀行間をインターバンクといってFX市場という事になっています。

 

外国為替市場図表
外国為替市場図表

 

 

 

口座の話に戻ると、そのお店で口座を作って、そのお店でお金を交換する、という事です。

 

お金を交換する事は、ご自分の判断によってプラスにもマイナスにもなるという事に触れました。

 

その事については、いかようにも掘り下げることが出来ます。それが巷に溢れるFX関連の情報のほとんどです。

 

FXでプラスにするために、どうゆう風に判断するべきか、その判断材料は何か、といったような情報です。

 

それらは、判断材料としてあってもジャマにならないですが、今は必要ありません。

 

FXのやり方について理解して、いざFXを始める時に必要があれば取り入れれば良い事ですので、その事は別で触れています。

 

FXのやり方 お店と口座

FXのやり方は”お店で口座を作る”という事。そのお店はインターネットにあるという事。

 

お店ですから、当然お店によって良い所・悪い所があって、お店ごとに差があります。

 

コンビニでもお店に差があるように、FXのお店にももちろん差があります。

 

またFXのお店も多くあります。

 

どのお店が良いのか、感じ方はそれぞれですが、お金を交換する”取引”する事において比較すると差があります。

 

初めての方は多くあるFXのお店のどこが良いのか、最も悩むところの一つです。

 

コンビニと違う所は、複数のお店をFXでは利用しない事があります。

 

また複数のお店を利用するメリットがありません。コンビニなら商品の値段が違ったり、置いてある商品が違ったりありますが、FXにはそれがありません

 

お店に口座を作って、その口座にお金を出し入れする訳ですから、複数あったらその手間が増えてしまいますし、資金が口座分、必要になりますので、初心者の方には口座は一つが望ましい訳です。

 

そのために、利用するFXのお店は一つが良いという事につながります。

 

ただし、何らかのご自分の理由で、複数のFX店を利用する事は問題ありません。

 

そのお店の違いや良い点、またはどういった点を比較するべきなのかは、以下のページを参考にして頂きたいと思います。

 

 

 

さて、FXの口座ですが、これは皆さんがお持ちの銀行の口座と同じと思って良いです。

 

口座を作りたいと申し込みを書いて、審査があるという点だけ、異なるという理解で良いと思います。

 

ただ、先ほどから言っている通り、お店がインターネットにありますから、インターネットで申し込みをして、完了する流れになります。

 

少しの違いを言えば、銀行の口座には出し入れする際に手数料がかかる事があります。FXの口座には手数料がかからない事がほとんどです。

 

こういった点もお店によって異なりますので、お店選びに関係してくる所です。

 

たいした違いではありませんので、同じ口座という理解で良いと思います。口座を作る費用や維持費は無料です。

 

同じ点は、銀行の口座はお金を入れておくと、ほんの少しですが利子がついてお金が増えますが、FXの口座も利子があります。

 

その利子については、専門用語が関係してくる所ですので、別で説明しています。

 

 

FXのやり方 出金

ここでFXのやり方については以上になります。ざっくり振り返ると、FXのお店に作った口座でお金を交換する、という事です。

 

銀行にもインターネット店舗がありますので、そう違和感はないと思います。

 

ネットで口座の入出金をされた事のある方は多いと思いますので、その感覚と同じです。

 

また、”金融商品”の取引を口座を使ってする、と言う事は、ネットショッピングで口座から料金を支払う事と同じです。

 

100円の商品の料金を口座から支払えば、口座から100円が減る、という事です。

 

ただ、FXの決済方法は差金方式といって、通貨の売り買いが終わった時点で差額だけが口座に反映されます。

 

簡単に説明すると、100円で買ったドルを110円で売ったら、買って売った時に差額10円だけが口座に反映されます。

 

買った時点で100円が口座から実際に引かれることはないのです。この仕組みも、手間を省く為の仕組みです。

 

 

 

FX口座はリアルタイムで口座の状況が反映されます。取引をして1万円の収益があったという場合などは、すぐに出金して手元にその金額を手にする事も可能です。

 

その口座利用の時間も銀行と似ていて限りがあります。

 

ここでFX口座の疑問が出ると思います。実際に出金する場合は、ネット店舗の口座からどうやって出金するのか、という事。

 

これは、FXのお店がコンビニなどと提携していて、身近なコンビニのATMで入金も出金も出来ます。ネット銀行も同じです。

 

またFXの口座からご自分の銀行口座に振り込む、という事も可能です。

 

そういった振り込む際の手数料や速度なども、お店選びに関係してくる所です。指定銀行の口座なら振り込み手数料が無料などあります。

 

その他のお店選びには、FXをやる上で”やりやすい”かどうかと言う事があると思います。

 

口座を作る際には、FX店によって審査があります。

 

審査と聞くとおおごとに思いますが、よほどの事がない限り問題ありません。

 

審査に通らない場合は、提出した内容に不備があった場合が考えられますので、提出内容の見直しをして頂くと審査に通る可能性があります。

 

FX会社の比較したページが以下になります。

 

 

 

以下は、当ページの内容より端的な説明をしているページです。簡単に内容を振り返る場合や、ある程度FXの情報に慣れている場合にご覧素早くご覧頂ける内容になっていますので、参考にして頂きたいと思います。

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索