Home

FX【IFD注文】図解 | 売り注文と買い注文をセットで行う注文方法【IF DONE】

FX取引の注文方法である「IFD注文」。読みは「あいえふでぃー」「いふだん」の二通りがあります。名前の由来は「If Done」(完了した場合)の頭文字です。

FX取引の指値注文と逆指値注文が用いられています。

IFD注文 = 新規注文 + 決済注文

新規注文 = 取引が始まる注文。決済注文 = 取引を終える注文。

買い注文から行う場合、通貨を買う事(新規)でFX取引が始まり、売る事(決済)でFX取引が終わります。IFD注文は「売/買」セットで注文できる方法という理解で良いと思います。

IFD注文 図解
IFD注文 図解

上図例は、注文Aが新規買い注文です。その後、上昇する事を予想して同時に注文した決済売り注文が、注文Bです。

IFD注文 は指値か逆指値で発注

指値注文 = 指定価格で注文。逆指値注文 = 成行注文を行う値段を指定した注文。

IFD注文 注文方法 図解
IFD注文 注文方法 図解

IFD注文は、おのずと「指値/指値」「逆指値/成行」という組み合わせになります。

逆指値は成行注文を出す値段を指定した注文方法ですから、新規買い注文を逆指値とした場合、注文Aで買った後は成行での決済売り注文となります。

注文Aは必ず値段を指定します。注文Bを指値にするか成行にするかは、IFD注文を利用する目的によります。

IFD注文 はリスク回避に最適

新規注文と反対の動きに対して備えるという注文に適しているのが、IFD注文です。

IFD注文 図解
IFD注文 図解

上図例は、注文Aの新規買い注文が約定した後に、購入価格より大きく下がる事に備え、決済注文を出した例です。

注文Aの新規注文が約定したら即、損益を確定させたい場合などは、注文Bを成行での決済注文とする事があります。

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索