Home
Home > FXのレバレッジとは 資金の最大25倍が取引出来る仕組み ハイリターンハイリスクを活用する

FXのレバレッジとは 資金の最大25倍が取引出来る仕組み ハイリターンハイリスクを活用する

FXのレバレッジについて。英単語では「leverage」意味は「活用」です。

 

当サイトの他のページ「FXのロスカット」のページでは、レバレッジを次のように説明をしています。「口座に実際の購入額がなくても取引が出来る仕組み」

 

 

 

しかし、さらに詳しく分かりやすく、以下で解説を進めています。

 

 

 

FXのロスカットのページから、続けてこのページに読み進めて頂いた方には、すんなり読み進めて頂けると思います。

 

しかし、このページから読み始める方は、慣れない情報かもしれません。

 

もし読み進めて頂いて、考えるような事があれば、その他の関連するページを読んで頂ければ、分かりやすいと思います。

 

FXのレバレッジとは、FX取引において重要な情報ですので、しっかり知っておく必要があると思います。

 

そのレバレッジを知った上で、レバレッジという仕組みを利用するかどうかを、判断されれば良いと思います。

 

知っておく必要はありますが、必ずしもレバレッジという仕組みを利用する必要はありません

 

ただ、通常のお金とお金を交換(購入)するFX取引にも、多少なりとも関わってくるレバレッジという事で、ご説明させて頂きたいと思います。

 

FXレバレッジと取引証拠金の関係

FX取引では、お金を交換(購入)、取引する時に、証拠金が口座に残高として入っている必要があります。

 

ちなみにですが、この口座にある残高を、FX専門用語で預託金残高といいます。

 

これはあまりにも難しい様に表された用語ですので、こうゆう用語があるという事だけ分かっていれば良いと思います。

 

この証拠金については、FXのロスカットのページにて詳しく説明していますので、ご確認下さい。

 

 

 

簡単に証拠金について触れると、証拠金はFX取引額の4%以上が必要と法律で定められています。

 

つまり、1ドル100円の場合に、1ドルを購入すると、最低4%(4円)が必要という事です。

 

その例を言い換えると、4円だけで取引が出来るという事なのです。

 

取引額は100円ですが、4円で取引が出来る、つまり25倍です。

 

レバレッジという仕組みは、FX取引に必要な保証金の倍数が取引出来るというものです。

 

もっと簡単に言えば、レバレッジという値の倍だけ資金があると仮定して、FX取引が出来るというものです。

 

例えば、1ドル100円の場合に資金が100円の場合、1ドルが購入できる事になります。しかし、レバレッジという仕組みを利用する事で、資金がなくても、多くのお金を購入する事が出来ます。

 

FXのレバレッジとは 資金の最大25倍の取引が可能

先ほどの例でレバレッジが25倍なら、同じ資金100円でも、25ドルが購入できる事になります。

 

資金の25倍でも、保証金の25倍でも、理解しやすい方で良いと思います。次にその同じになる結果を例にしてみました。

 

  • ・資金の25倍で計算 1ドル100円の時
  • ・100円の資金なら1ドルが購入できる
  • ・25倍の資金相当なら、2500円になり25ドルが購入できる。

 

  • ・保証金の25倍で計算 1ドル100円の時 保証金4%
  • ・100円の購入額なら、4円が保証金になる
  • ・4円の保証金の25倍である100円が保証金になる購入額は、100÷0.04=2500円。

 

FX会社によって、このレバレッジの値は異なります。FX会社のレバレッジの明記は、「FX取引のレバレッジは25倍に設定しています」などとされています。

 

その明記されているレバレッジの設定値も、FX会社を選ぶポイントになります。

 

※レバレッジの値は、最大は日本では25倍と決められています。

 

FXのレバレッジとは 最初は利用はしない方が良い

FXのレバレッジとは、その設定だけ資金があるとして、取引が出来ることになる仕組みです。

 

ただし、これはあくまでも、ロスカットで説明した証拠金維持率が関係してきます。

 

 

 

また、その分だけリスクが大きくなりますから、慣れるまではレバレッジは利用せずにFX取引するのが良いでしょう。

 

先ほどの例で損益を見ると、1ドル100円の時に100円の資金で25ドルが購入できますが、1ドル99円になったら、本来なら1円の損益ですが、レバレッジ分も損になって25円が損益になります。

 

これが購入資金が1万円だった場合、本来の損益は100円ですが、レバレッジ25倍なら、2500円が損益になります。

 

その反対の収益なら、とても資金が活用されて良い結果になります。

 

しかし大きな損益になる事が、レバレッジの利用に考えられる一番のリスクですから、利用には細心の注意が必要です。

 

FXのレバレッジとロスカットの関係

先ほどの例を、ロスカットという面で見てみましょう。

 

ロスカットについて分からない方は、別のロスカットについてのページをご確認下さい。

 

 

 

ロスカット対象が50%(維持率)なら、1円の損益で維持率75%ですので、ロスカットにはなりません。

 

レバレッジを利用した場合も、ロスカットの実行基準である証拠金維持率も25倍という場合がほとんどですが、FX会社によって異なる場合もあります。

 

次に、1ドル100円で購入して、値段が下がったいくつかの場合を例にしました。

 

  • 証拠金維持率の計算式:(証拠金+含み)/(証拠金)
  • 1ドル99円で売った場合
  • 4円+(-1円)÷4円=0.75(維持率75%)
  • 4円×25+(-25円)÷4円×25=0.75(維持率75%)

 

  • 1ドル98円で売った場合
  • 4円+(-2円)÷4円=0.5(維持率50%)
  • 4円×25+(-50円)÷4円×25=0.5(維持率50%)

 

  • 1ドル96円で売った場合
  • 4円+(-4円)÷4円=0(維持率0%)
  • 4円×25+(-100円)÷4円×25=0(維持率0%)

 

上の例で示したとおり、レバレッジの実行の維持率が同じでも、1ドル100円で購入した場合から、1ドル96円まで下がった場合は、急な値段の下降でロストカットが間に合わなかった場合も意味します。

 

この場合、レバレッジを利用していなければ、証拠金4円だけが損益で、本来の100円という資金はそのまま残ります。

 

しかし、レバレッジを利用していた場合、損が-100円ですので、本来の100円もなくなることになります。つまり、全資金がなくなる事になります。

 

この例では額が小さいですが、資金が1万円でも購入数量が100ドルであれば同様ですので、参考にして頂きたいと思います。

 

つまり、レバレッジを利用して損益が本来より多くなっても、レバレッジ分も比率がそのまま反映されますので、資金が全くなくなってしまう程の大きな損益につながってしまうのです。

 

レバレッジによって、少ない資金で大きな収益がのぞめる一方で、大きな損益にもなりますから、やはり慣れるまではレバレッジは利用せずにFX取引するのが良いでしょう。

 

つまりレバレッジ1倍、100円の取引額には100円を使って取引をする、という事です。レバレッジ25倍なら、100円の取引額なら、4円で取引が可能(スプレッドを除く)です。

 

FXのレバレッジとは 何故あるのか

では、FXのレバレッジとは、そもそも何故そのような仕組みがあるのか、また何で可能なのでしょうか。

 

FX取引は、買って売ってという取引がセットで、どちらも完了して、専門用語で決済といいますが、その決済が完了して初めてその差が口座に反映されます。

 

つまり買った時には口座の実際の金額は変わらず、その買ったお金を売ったときに初めて差額が口座に反映されるのです。

 

この事は、専門用語で差金決済と言います。差金決済は、現金の受け渡しはなく、反対売買による金額の差を決済する事。

 

 

 

では、1ドル100円で5ドル購入した場合の流れを、下に示しています。

 

  • 1ドル100円で5ドル購入した場合の流れ
  • ↓ 口座の残高は1000円
  • ↓ 520円(20円は保証金4%)が口座に必要
  • ↓ 1ドル90円で5ドルを売って450円が戻る
  • ↓ 70円の損益が口座に反映され残高930円

 

この場合、お金を買う時に520円が必要になっても、FX取引の商品は買って売りますから、その差額だけが実質必要になるのです。

 

このことから、資金を最大限に活用しようと考案された仕組みがレバレッジなのです。

 

その資金を最大限に”活用”するという事から、レバレッジ(意味は活用)という用語が出来たと考えられています。

 

しかしあまりに大きなレバレッジにしてしまうと、損も大きくなりすぎてしまう事から、注意が必要なのです。

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索