Home

FX【指値注文】図解 | 最も利用される注文方法を理解 初心者マスター

FX取引の注文方法である「指値注文」。読みは「さしね」

FX取引の注文方法で、最も利用される基本的な注文方法です。成行注文と同様、その他の注文方法に組み込まれて利用されていますので、理解してその他の注文方法の効率良い理解につなげましょう。

指値注文 とは、値段を指定した注文方法である

値段を指定して注文する事で、確実に指定値段で注文が成立します。

指値注文 図解
指値注文 図解

上図は「110.5になったら」という注文をした例です。その後、指定した値段に動いたので約定(注文の確定)しています。

指値注文 とは、指定した値段でなければ約定しない

値段を指定して注文出来る反面、おおよそ値動きを捉えていても指定した値段にならなければ、注文は約定しません。

下図のように、注文が約定する寸前の値動きになっても、指値注文での成立はありません。

指値注文 例 図解
指値注文 例 図解

注文 とは、順番である

FX取引は通貨の売買です。買い手の場合、売り手がいなければ成立しません。

注文は順番です。同じ値段の注文は、早い方が先に成立します。

注文 図解 板
注文 図解

上図の例では、注文の値段と順番を表した板と呼ばれる形式です。※数量略

人のマークは、注文を出している印です。上図の場合、100円で売り注文を出した時は赤の点線になり、指値注文を表しています。

買い注文の同様で、96円で買い注文を出した場合、緑の点線が指値注文を表しています。

100円で買い注文があったら、先の順番から注文が成立します。

※板情報は、FXで用いられる事は稀です。株式取引では一般的ですが、世界規模のFX取引では正確性が低く、板情報を提供しているFX会社も少ないです。参考程度の情報という見方が良く、例示は分かりやすいという理由から利用しています。

安く買って高く売りたい

売り買いする場合、安く買って高く売りたいという事は当然。そうすることで損益になります。

上図の例では、売る側は高く売りたい、買う側は安く買いたいという関係が表されています。

上図の場合、すぐに買いたい場合、100円で買い注文を出すことになります。

100円以下で買いたい場合は、以下の注文を出して順番に並ぶか、以下で買い注文が出されていない売り注文があるまで待つことになります。

損益例
損益例

指値注文 は、順番を待つ

指値注文は、値段を指定して注文できますが、必ず順番を待つ事になります。

板情報 図解
板情報 図解

上図例に表示されている値段で、指値注文をする場合、すべての注文の最後尾に並ぶことになります。

注文がない値段の場合は、最前列の注文になり、反対注文が出された時点で注文が約定します。

指値注文 は、注文を逃す場合がある

指値注文は、値段を指定した注文方法ですが、注文が成立せずに機会を逃す場合があります。

急落時注文例
急落時注文例

急落時は、値段を指定した注文を出していては、市場の注文が急落速度に追いつかない場合があります。

上図は、99円の指値で売り注文を出した例です。それより小さい丸が約定した注文です。

99円で買いたいというトレーダーがいても、実際に注文を出すまでに値動きが急落していては、もっと安く買えるという心理になり、急落時は指値の売り注文は約定が難しいです。

急落速度が早いため、100円の注文約定、98円の注文約定、と飛び飛びに約定する事が良く見られる現象です。

指値注文は反対の注文は出来ない

指値注文は「安い時に買う」「高い時に売る」という当然の考えに沿っています。

指値注文 売買状況 例
指値注文 売買状況 例

上図は、灰色の線を現在値として、その時点で売り買い注文が指値注文で可能な場合を表しています。

現在の値段より安い値段で買うという当然の考えなら、現在値より高い値段を指定して買う、という事はありえないことになり、現在値より高い値段で指値での買い注文は出来ません

反対に、現在値より安値で指値買い注文は可能で、現在値より安値で売るという当然に反した注文は出来ません。

もし値動きが横ばいの状況から値上がりを予想した場合 少しでも値上がりした時点で注文を出したい場合、指値注文は出来ませんから、逆指値注文が適しています。

逆指値注文は、指定した値段になったら、すぐさま成行注文が発注される方法です。買いは少しでも安い値段で、売りは少しでも高い値段で、という原理に従っています。

指値注文で不可能な注文は逆指値

逆指値注文は、指定値段で「安い時に買う」「高い時に売る」を即実行する方法です。

逆指値注文 売買状況 例
逆指値注文 売買状況 例

上図は、灰色の線を現在値としています。

現在値より高値で出せる注文は買い注文です。これは少しでも安い値段で即買い注文を約定させる動きです。

反対に、現在値より安値で出せる注文は売り注文です。これは、少しでも高値で売り注文を約定させる動きです。

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索