Home
Home > MACDとはFX取引の傾向と平均から分析する方法 読み方はマックディ

MACDとはFX取引の傾向と平均から分析する方法 読み方はマックディ

FXのMACD(マックディ)とは、FX取引の分析方法の一種です。難しい計算などは必要ありません。

 

FX取引の図表に、平均値で線を引いたものを分析に使う方法です。分析ツールなどで確認できますので、計算は必要ないのです。

 

では、その分析とは一体どのようなものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

MACDとは最近の傾向を追う分析方法

FX取引の分析の種類は、大きく分けて3種類があります。その中で、取引の傾向から分析する方法を、トレンド系といいます。その他は「オシレーター系」と「その他」に分類されます。

 

トレンドとは傾向という意味ですので、そのままの意味になります。

 

そのトレンド系分析の中で、最も人気のある分析方法の一つに、MACD(マックディ)という分析方法があります。

 

MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、意味は移動平均収束拡散です。

 

意味や名前は難しい表現になっていますので、それを覚える必要はありません。

 

内容だけ理解できれば全く問題ありません。

 

では、MACDとは、具体的にどのようなものかというと、FX取引のチャート図から分かる傾向を線で表したものなのです。

 

その線は、ある期間の平均を線で結んだもので、異なる期間の2本の線を引いて、その差をMACDとしたものです。

 

Divergence は分岐という意味もあり、異なる平均の分岐点から、売買のサインを分析する方法が、MACDなのです。

 

では、さらに具体的にその線や平均についての解説を進めて行きたいと思います。

 

MACDとシグナルの説明

MACDとは、FX取引のチャート図から分析する方法です。そのため、チャート図からMACDという分析を見ます。

 

MACDの例
MACDとシグナルの例

MACDはFX取引の傾向(トレンド)から、平均値の線を使った分析方法ですから、値段の傾向とリンクしたものになります。

 

この例では、上が値段の経過で、下がそれをMACDにしたものになります。

 

MACDは、分析方法の名前にもなっていますが、分析に使われる線の名前もMACDなので、混同に注意して下さい。

 

混同を避けるため、以降はMACD分析とMACD線に分けて説明を進めています。

 

上の図にある下の2本の線、MACD線とシグナルを、それぞれ説明していきます。

 

MACD線は、異なる2つの平均の線ですが、短い期間の平均線から長い期間の平均線を引いたものです。

 

例にすると、10日間の平均から、30日間の平均を引いた線が、MACD線になります。

 

分かりづらいですが、同じく10日間の平均線を2本重ねた場合は、全く同じく重なりますが、その期間が異なれば、多少の線がずれて重なります。

 

そのずれた線が、MACDと呼ばれる線で、分析方法のMACD分析なのです。

 

ここでMACD分析に使われる平均線について専門的に説明しておこうと思います。

 

MACD分析の平均線は、単純な平均の線ではなく、期間が新しい方が重要視される線で、名前を指数平滑移動平均といいます。

 

ある期間の中で、最も重要な期間はその中でも新しい期間だろうというものです。例にすると、10日間の平均は、9日前の値段より、1日前の値段の方を、重要視するというものなのです。

 

その計算方法は割愛します。冒頭でも説明いたしましたが、分析の度に自分で計算する事はFX取引のおいてありませんから、あくまで内容を理解するだけで十分なのです。

 

分析するツールで一目で分かりますから、その意味が分かるだけで十分なのです。

 

MACD線は、異なる期間の平均線の差ですが、その期間の短い方を、短期線、長い方を長期線、といいます。

 

線は、正確には指数平滑移動平均という名前だと説明しましたが、短期線であれば、短期指数平滑移動平均という事になります。

 

さらにMACD線を、ある期間の単純平均で表したものが、シグナル(MACDシグナル)です。

 

MACD線と、シグナル(MACDシグナル)を、さきほどの上の図では示しています。その2つの線の位置関係が分析に使われる事になります。

 

では、その分析方法は以下で説明していきます。

 

MACDとシグナルの見方と分析

MACD線の具体例を以下の図で表しています。上は値段とMACD線を示した図で、下はMACD線とシグナルだけを示した図です。

 

MACD線と分析の例
MACD線と分析の例

最も信頼され一番に見るポイントは、MACD線とシグナルが交差する点です。

 

移動平均線において、線の交差(クロス)を売買の機会と判断されます。そのクロスには2種類あります。

 

  • ゴールデン・クロス:MACD線がシグナル線の上に抜ける時のクロス
  • デッド・クロス:MACD線がシグナル線の下に抜ける時のクロス

 

線のクロスは、ゴールデンの方が買い、デッドが売り、と判断されます。

 

名前からどちらが売買の機会となるのかは分かりやすいと思います。

 

では、そのクロスがいつ発生するかを分析する事を、傾向(トレンド)から予想されます。

 

上の例では、ゴールデン・クロスが発生する前の傾向は、下降トレンドです。

 

直近の傾向が下降なら、平均と言っても最近の値段を重要視するMACD分析は、MACD線の右端は下降になります。

 

単純な平均線では、直近の傾向はあまり影響を受けませんが、これが単純な平均線とMACD線の違いなのです。

 

結果的に、上の例でも分かるように、MACD線と、値段の経過は、あまり変わりません。値段の経過に沿ってMACD線が引かれているようです。

 

MACD線を予想することが、すなわち値段の予想になり、異なる期間の差(MACD)と、単純な線(シグナル)を見ることで、更に精度の向上を見た方法が、MACD分析なのです。

 

MACD分析の実用方法

ここまで、MACD分析について、名前の由来や具体的な説明をしています。

 

色々な内容に触れましたが、では実際にはどう活用するのかという事が一番の問題になります。

 

分析方法の見方が分かっても、実際に分析するには、その方法が気になるところです。

 

先ほどの例の図で見ると、この右端以降、つまりこれからの値段の動きが、ある程度予測できるような事が分析方法です。

 

MACD線と分析の例
MACDの例と分析の例

短期と長期の線は、その期間を変更する事で、線の動きも変わります。その線が変わることで、MACD線もまた変わります。

 

いくつかのパターンごとにMACD線を見て、その線の平均がシグナルという線になります。

 

はっきりとした値段の動きがなければ、分析しづらいという弱点はあります。

 

しかし、いくつものパターンでシグナルという線を引いて、この先を予想することが、一番のMACD分析の予想といえると思います。

 

そして、その分析の結果、右端でMACD線とシグナルの線がクロスする事があれば、売買のシグナルと判断できると言えるのです。

 

おさらい

MACD分析に限らず、FX取引の分析は、すべて取引ツールで計算などすることなく、確認が出来ます。

 

一目ですぐ確認出来る事から、分析の方法も多くの種類を活用する事が出来ます。

 

そのため、分析がどういった内容なのか、という事は知っておく必要はあります。

 

MACD分析とは、最近の傾向を重視した平均線(MACD線)と、そのMACD線の平均線(シグナル)の2つの線を使った分析方法という理解で十分だと思います。

 

さらにMACD分析の結果と、その他の分析方法を合わせて、自分なりの予想をする事がリスクを回避する一番の方法だと思います。

 

FX取引は、自分なりに一番信頼できるという分析方法がそれぞれありますので、MACD分析を含め、色々な分析を試してみる事をおすすめします。

 

MACDの発展型分析 MACDは平均値を用いた分析方法ですが、平均値と値段の偏差値を用いた分析方法が「ボリンジャーバンド」といい、こちらも人気でMACDと併用される分析方法ですので、参考になる情報かと思います。

 

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索