Home
Home > FXの移動平均線とゴールデンクロスとデッドクロス 順張りや逆張りを図解

FXの移動平均線とゴールデンクロスとデッドクロス 順張りや逆張りを図解

FX取引の分析に用いられる移動平均線や、関係する情報について詳しく説明しているページです。

 

まず移動平均線について触れて、関係する情報の説明に進みたいと思います。

 

移動平均線とは

FX取引で用いられる移動平均線とは、まずどこで目にするのでしょうか。

 

それは、FX取引の経過を表したチャートと呼ばれるFX専用の折れ線グラフに、移動平均線が用いられています。

 

FXチャート見本
FXチャート見本

こういったチャートの流れに沿って、そのままの流れが続くと分析する事を順張り、流れの反対と分析する事を逆張りといいます。

 

この見本に、移動平均線が書かれていることが分かると思います。チャートの詳細や、値段の経過を示した専用の記号であるローソク足については、詳細ページをご覧下さい。

 

 

 

では、ローソク足は通貨の4つの値段を表していますが、ぱっと見るだけでは分かりづらい事もあり、初心者の方など不慣れな方には分かりづらい部分があります。

 

そんな面を解決するのが、移動平均線なのです。移動平均線とは、ある一定の期間の値段の平均を結んだ線です。

 

移動平均線は、値段の平均を示した線なので、平均的なこれまでの経過が一目で分かります。

 

では、値段といっても始値や終値、高値や安値がありますが、どうやって値段の平均としているのでしょうか。

 

この平均は、分析ツールなどによっても異なりますが、終値を平均とする事が多いです。

 

移動平均線を分析に活用

移動平均線は、どのように分析に活用するのでしょうか。

 

それは、平均を求める期間を、異なる期間ごとに線にして、重ねて表示する事で、その違いから分析に活用するのです。

 

まずは、最も簡単な、トレンド(傾向)から値段の上下を分析できます。値段と移動平均線の位置関係で、分析した例が下の画像になります。

 

値段と移動平均線の位置関係で分析
値段と移動平均線の位置関係で分析

この画像では、移動平均線より値段が上にある場合は、上昇トレンドという分析結果になります。

 

意味は、そのままその通貨が上昇していく傾向と言うことになります。

 

下の場合は下降トレンドといい、そのまま下降していく傾向だと分析できることになります。

 

上昇トレンドと下降トレンドの活用

移動平均線と、値段の線の位置関係で、傾向が上向きなのか下向きなのかを分析する事が出来るというものでした。

 

では、その上昇と下降が変化する時はいつなのかという分析が、以下の様に出来るのです。

 

トレンドの転換を分析
トレンドの転換を分析

値段の線が、移動平均線を下向きに抜いた場合、上昇トレンドから下降トレンドに転換すると分析する事が出来ます。

 

反対に、値段が移動平均線を上向きに抜いた場合、下降トレンドから上昇トレンドに転換すると分析する事が出来ます。

 

ゴールデン・クロスとデッド・クロス

移動平均線を使って、最も良く用いられる分析方法の一つに、転換の分析のように線が交差する点に注目します。

 

長期の移動平均線と、短期の移動平均線の2本の線を用いて、下の図のように重ねます。

 

ゴールデン・クロスとデッド・クロスの例
ゴールデン・クロスとデッド・クロスの例

  • 短期の移動平均線が、長期の移動平均線の上に抜ける事を、ゴールデン・クロスといいます。
  • 短期の移動平均線が、長期の移動平均線の下に抜ける事を、デッド・クロスといいます。

 

ゴールデン・クロスは、値段の上昇トレンドと判断できる点です。値段の上昇と分析できる事から、買いのシグナルと言われます。

 

デッド・クロスは、値段の下降トレンドと分析されます。その事から、売りのシグナルと言われます。

 

移動平均線は期間で変わる

移動平均線は、ある一定の期間の平均を結んだ線です。そのため、その期間を買えれば、その期間ごとに線が変わることになります。

 

そのため、分析に用いる線によってシグナルも変わるのです。

 

分析に良く用いられる期間を複数組み合わせるなど、慎重に分析されるなど、幅広く活用される事をお勧めします。

 

移動平均線の期間に良く用いられる期間は、次のような期間があります。

 

  • 日足:5日・10日・20日・25日・90日・200日
  • 週足:13週・26週・52週
  • 月足:36ヵ月・60ヵ月・120ヵ月

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索