Home

FX【OCO注文】図解 | 2つ異なる条件で注文して予想を確実に成功させる注文方法

FX取引の注文方法である「OCO注文」。読みは「オーシーオー」、「One Cancel Other」の頭文字が名前の由来です。

FX取引の基本注文を応用した注文方法の一つです。基本注文は成行と指値が用いられています。

OCO注文 = 2つの注文 → 1つが約定 → 残った1つを取消

条件の異なる2つの注文を同時に出せます。1つが約定した場合、もう1つはキャンセルされる注文方法です。

OCO注文 図解
OCO注文 図解

上図例は、注文ABでOCO注文を表しています。この例では、注文Aが約定しますので、注文Bは取消しになります。

OCO注文 は成行か指値で注文

条件の異なる2つの注文は、成行注文か指値注文で注文します。

OCO注文 注文方法
OCO注文 注文方法

上図例は、注文ABともに値段を指定した指値注文です。

2つどちらも成行の場合は、「A=成行で買い・B=成行で売り」。

2つが異なる場合は、「A=成行(売/買)・B=指値(売/買)」などになります。

OCO注文 は予想固めが適切

OCO注文は、2つの注文「買/買」「売/売」という注文をセットにする事が適しています。

OCO注文 基本例
OCO注文 基本例

上図例は、注文ABで異なる上昇の値動きを予想しています。上昇の予想は的中していますが、注文Bだけでは注文が約定しません。

そういった場合、注文Bで買い逃しても、注文Aで上昇を捉える事が出来ます。

注文「売/売」でも、ある程度値段が下がったら売る、さらに下がった場合に備える、という場合に適しています。

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索