Home
Home > FX取引の「Pips」(ピップス)は異なる通貨を共通単位で表す小数点第四位の数値

FX取引の「Pips」(ピップス)は異なる通貨を共通単位で表す小数点第四位の数値

FX取引に関するスワップなどの情報で、『Pips』(ピップス)という表記を目にした事があると思います。

 

その情報に用いられている事から、なんとくなく数字表記の単位などという認識の方も多いと思います。

 

FX取引を始めて多くの情報に触れると、その多くで『Pips』という用語を目にします。

 

数字の単位という認識で間違いはないのですが、正確にはどのような意味なのか、しっかりと理解出来るように説明をしていきたいと思います。

 

Pipsとは異なる通貨の共通単位

まずは『Pips』(ピップス)という英単語そのものの意味を解説します。

 

その英単語そのものが分かれば、だいたいの認識が出来ます。では『Pips』(ピップス)とは『Percentage in points』の頭文字を取った用語です。

 

読み方はパーセンテージ イン ポインツ(Percentage in points)で、意味は百分率の点数という訳になります。

 

百分率とは「100%」という事ですが、正確には「1」を単位とした全体「100」の比率です。

 

率は「%」なので、0.01が単位(1% = 0.01 = 1/100)になります。

 

この全体とは、通貨全体を指します。取引通貨より小さい通貨がある場合は、その通貨の0.01が単位になります。

 

では、これを通貨に適用してみます。

 

円の百分率(Pips)とは「円(100%)」「0.01円(1%)」です。

 

これをPipsに直すと、1Pipsは0.01円となります。

 

ただし、1Pipsという表記では分かりづらい為に、円に限って、多くのFX会社などで存在した通貨単位に直して表記しています。

 

その存在した表記が、今は通貨そのものでは使われていない、です。

 

銭を円に直すと「0.01円」なので、『0.01円 = 1Pips = 1銭』となります。

 

円 - 銭 - Pips
円の異なる表記とPips

Pipsを通貨の数字で用いる時は、通貨の百分率(Pips)という事から「通貨×1/100」という計算で1Pipsが求められます。

 

では、円以外の通貨では、取引通貨より小さい単位の通貨がありますから、注意が必要です。

 

日本の通貨の単位は円のみ、アメリカではドルとセントなど(別称有)があります。

 

こういった異なる通貨の共通の単位として、『Pips』(ピップス)が用いられているのです。

 

Pipsで表すのは外国通貨

日本の通貨である円には、先に説明していますように、「0.01円 = 1銭」という単位がありますので、円ではPipsは用いられていません

 

スワップなどで用いられるPipsは、取引通貨より小さい通貨が存在する通貨で用いられます。

 

日本円の0.01は1銭ですが、銭は今は存在していませんから、0.01円がPipsです。

 

アメリカの通貨で、取引通貨であるドルの1/100単位はセントが存在しますから、アメリカの通貨の百分率(Pips)はセントで計算します。

 

「0.01セント = 1Pips」

 

セント(1ドル=100セント)をドルに直して「0.01セント = 0.0001ドル」になります。

 

  • ■ドルとPipsの関係
  • 1ドル = 100セント
  • 1Pips = 0.01セント
  • 1Pips = 0.0001ドル(0.01セント)

 

ドルのPips表記
ドルのPips表記

通貨名が異なる場合は、一番小さな位を表す通貨で計算するという考え方でも間違いではありません。

 

Pipsは小数点第四位という共通単位

では、ユーロを見ると、ユーロより小さい位(補助単位)に「セント (cent)」があります。

 

100セントが1ユーロに相当するので、1ユーロ = 100セント = 1ドルとなります。

 

ドルとユーロは異なる通貨ですが、セントという共通の位が存在していて、そのセントでPipsが求められます。

 

また、ポンドについても同様です。

 

ポンドは100ペニーです。このペニーはアメリカとカナダにおける1セントの別称ですから、同じ位(小数点第四位)で表すことが出来るのです。

 

  • ■円以外の通貨とPipsの関係
  • 1Pips = 0.0001ドル
  • 1Pips = 0.0001ユーロ
  • 1Pips = 0.0001ポンド
  • 1Pips = 0.0001カナダドル
  • 1Pips = 0.0001ニュージーランドドル

 

その他の通貨においても、通貨の1/100が補助単位の外国通貨は同じ位(小数点第四位)で表せます。

 

  • ■取引通貨より小さい単位(補助単位 1/100)
  • オーストラリア・ドル = 100セント
  • 香港ドル = 100セント
  • スイスフラン = 100ラッペン
  • 南アランド = 100セント
  • トルコリラ = 100クルシュ
  • ノルウェー = 100オーレ
  • スウェーデン = 100オーレ
  • メキシコ = 100センターボ
  • 人民元 = 100分

 

主な通貨はほとんど1/100単位が存在します。このように、通貨に違いがあって価値も違いますが、同じ1/100単位という共通点があるため、下記のような表記が可能なのです。

 

ユーロ/米ドルの通貨ペアなどのスワップポイントを表記する場合は、以下の図のようになります。

 

ドルストレートのPips表記
ドルストレートのPips表記

このように、異なる通貨同士でも、Pipsを用いる事で、共通の位を表す事が出来ますので、単位にPipsが用いられるのです。

 

上図の「ユーロ/米ドル」の場合ですと、米ドルを1ドル買って1年間保有すると、1.0000ドルから1.0037ドルに増えるという事になります。

 

 

 

 

こういった通貨の最小単位を用いて計算する事はなく、単にPipsは小数点第四位という覚え方で良いと思います。

 

また、Pips表記された通貨は小数点第四位を意味しているという理解で問題ありません。

 

ただし、円の場合は円自体が最少通貨単位ですから「1Pips = 0.01円 = 1銭」ですので、円だけはPipsは小数点第二位です。

 

銭は日本だけの特別な表記

これまで説明したとおり、Pipsは小数点第四位までの数字という理解で問題ありません。

 

しかし、日本の円は銭という表記で、銭は0.01円ですので、第二位までの数字です。

 

この違いは、為替取引される通貨が日本以外は最少通貨ではないという事があります。

 

円の小数点以下は廃止された通貨の単位「銭」を用いて分かりやすく表記しています。

 

円以外の通貨、米ドルなどは取引される通貨であるドルは、最小通貨ではありません。

 

円以外の通貨は1/100の通貨の単位がありますから、米ドルならドル(0.0001)、セント(0.01)という事になります。

 

それを円と比べると、セント(0.01)=銭(0.01)です。

 

銭表記は小数点第二位、Pips表記は小数点第四位という事になります。

 

日本以外では、円の1Pipsは0.0100円です。「1Pips = 0.0100円 = 0.0001ドル」

 

Pipsは損益にも用いられる

Pipsは、スワップポイントだけでなく、損益にも用いられる単位です。

 

結論から説明すると、異なる投資額でも共通の利益率が分かる事が理由です。

 

  • ■損益とPipsの関係例
  • A:1Pips の利益 = 100ドルの投資額
  • B:1Pips の利益 = 100万円の投資額

 

上の例の場合、AとBは同じ1Pipsの利益です。しかし、投資の通貨と額が異なっています。

 

このように、投資額が異なっていても、Pipsで表すと平等な見方が出来るのです。

 

  • ■Pipsと投資額で利益を計算(投資額×1/100)
  • A:1万円の投資で100円の利益 ※1ドル=100円のレート時
  • B:100万円の投資で1万円の利益

 

AとBの利益に対する見方はそれぞれですが、異なる投資額でも利益率が分かります。

 

この例では、「Aは100円の利益」「Bは1万円の利益」という表記なら、Bの方が利益があったという事になります。

 

しかし、投資額が異なる場合は、こういった表し方ではどちらが利益があったかは判断できません。

 

そのために、「Aは1Pipsの利益」「Bは1Pipsの利益」というPipsの表記なら、利益率が分かる他、投資額が不明、または伏せて利益だけを伝えたい場合など、都合が良いのです。

 

ここでFXの情報に関する事柄も説明が出来ます。

 

FXの情報などで「1万円の利益を出す方法」(A)、「100Pipsの利益を出す方法」(B)、というような情報や商品があったとします。

 

情報の比較
情報の平等な表記

この場合、上で説明した通り、Bが平等な表記の仕方です。

 

Aは「1万円の投資で1万円の利益」「100万円の投資で1万円の利益」というような異なる投資額のケースが存在します。

 

Bなら「1万円の投資で100Pipsの利益(1万円)」「100万円の投資で100Pipsの利益(100万円)」という異なる投資額でも平等に利益を求める事が出来ます。

 

そのため、多くの情報や商品などでBのようなPips表記が用いられています。

 

おさらい

最後に簡単に要点だけをおさらいします。

 

Pipsは百分率の意味で、「全体(100%=1)」に対する「1/100(1%=0.01)」が単位です。

 

その単位(0.01)に相当する値がPipsです。

 

全体は通貨全体(100%=1)なので、通貨の最少単位がPips(1%=0.01)です。

 

・円の場合「0.01円 = 1Pips = 1銭 = 0.0100円(国外)」

 

・取引通貨が米ドルの場合、米通貨の最小単位はセントなので「1Pips = 0.01セント = 0.0001ドル」です。

 

・銭を用いない場合「1Pips = 0.0100円 = 0.0001ドル」

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索