Home
Home > FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。

 

取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。

 

テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自の方法がなければ推奨されます。

 

 

 

分析を行うというと、とても難しく大変な事のように思えますが、具体的に工程を明確にしていれば、それに沿って作業するだけですので、漠然と悩むことがなくなり無駄な時間を費やす事がなくなります。

 

それでは以下でFX取引に取り掛かる前の確認事項、FX取引を始める前のその日の準備について解説をします。

 

FX取引に取り掛かる前に

FX取引を始める前、という説明だと、FX自体を始めることと混同しますので、FX取引に取り掛かるという説明とします。

 

その日、その週、それぞれ取引に取り掛かるタイミングは異なりますが、FXに取り掛かる時は必ずあります。

 

その取り掛かる際に、とりあえずFX会社などにアクセスしていきなり取引を始める、というトレーダーもいます。

 

その時々のチャートやニュースをその都度、見ながら取引をするという事です。複数のモニターを見ながら取引するという取引方法もそれに当たります。

 

それで成果が伴っているのであれば、そういった取引の仕方で問題はないと思います。

 

しかし、成果が出ない、収益になっていない、というトレーダーは、いちどFXに取り掛かる前に取引の材料を確認することをお勧めします。

 

チャート、値動きはなぜ起こっているのか、値動きには必ず理由があるといっても過言ではないと思います。

 

その値動きの材料を確認して、それを元に取引する、注文するという事が、収益の可能性を高めるものの思います。

 

ではその取引の材料については次項で解説を進めます。

 

FX取引の材料とは

FX取引で注文をする際には、必ずトレーダーごとに注文の理由があるはずです。その理由があって注文をしているはずです。

 

可能性はともかく、チャートが上に動いたら買い注文を出した、分析の結果によって注文を出した、と様々な注文の理由はあるはずです。

 

その判断の可否でなく、一般的に可能性の高い取引の材料を確認したうえで、各々の取引の判断をされるとより良いのではないでしょうか。

 

取引の材料、というと難しい受け取り方をされる方が多いですが、言い換えれば取引の情報です。

 

何を見て、それがどういった情報であればどうなのか、という事、その材料については、以下の事がいえます。

 

  • FX取引の材料 6選
  • 国債の利回り
  • 地政学リスク
  • 要人の発言
  • 株式など他の投資内容
  • 自然災害
  • 他通貨の値動き

 

FX取引の材料 6選 とは

FX取引の材料 6選 とは、経済界などで明確にされている訳ではなく、当サイトにて可能性の高い値動きの材料と判断しているものです。

 

それぞれを見れば、そのどれもが細かく解説が必要なものではありません。

 

ただ一点、「地政学リスク」については、解説が必要です。

 

地政学リスクとは、ニュース等の情報で用いられる用語です。意味は国境線などが変わる、地図に変更の可能性がある出来事を指します。独立や戦争の情報も、地政学リスクに該当します。

 

日本では北朝鮮の動向が地学的リスクといえます。その他、噴火活動で面積が広がった西之島(小笠原諸島の無人島)は、その広がった分だけ日本の領土が広がりますので、地政学リスクといえます。

 

その他は補足的に以下で列挙します。

 

国債の利回り 借入金の変動する利息の事です。アメリカ国債であれば、相対的に利子率が上昇するとドルの価値が上がります。国債については割愛します。

 

要人の発言 ファンダメンタル分析の中でも重要視される情報に当たる要人発言は、以下の分析についての解説ページでご確認下さい。

 

 

 

株式など他の投資内容 その通貨の平均的な株価の上下、日本では日経平均株価の値動きが為替に影響します。また、原理価格なども影響を及ぼすことがあります。

 

自然災害 通常の悪天候以上、アメリカのハリケーンや竜巻など、大きな経済ダメージが考える自然災害は、為替への影響が考えられます。

 

他通貨の値動き 米ドルの値動きを確認する場合では、上記の他に、例えば「米ドル/ユーロ」「米ドル/セント」など他通貨の値動きを確認します。

 

通貨ペア「米ドル/ユーロ」で米ドルの値段が上がったら、その他の対米ドル通貨ペアへの影響があります。

 

正確には、ユーロ圏で米ドルの価値が上がる材料があってそうなっているのですが、その影響がその他の通貨圏に及ぶ事で、他通貨ペアの値動きにつながります。

 

これらの情報をどうファンダメンタル分析の対象とするのか、その実例を交えて以下の記事で解説しています。

 

おさらい

これまでの6選を、取引に取り掛かる前に確認して、取引の材料にします。その結果によって注文を決め、取引中にはそれら6選の突然の情報に備えます。

 

これらを絶対の確認事項として、取引前の工程にすることで、むやみに情報を探すことがなくなるなど無駄がなくなることもメリットになります。

 

その他に、ご自身で判断材料とみなせる情報があったり、当サイトの6選から除外する情報があれば、ご自身の判断材料を構築されるのももちろん良いです。

 

また、為替は予想が確実には出来ない事を理解したうえで、FX取引に向かうとより良いと思います。

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引の値動きを知る デイトレードに必要な一日週間の平均的な値動き

FX取引の値動きを知る デイトレードに必要な一日週間の平均的な値動き

FX取引について、よくある質問の一つをピックアップしたいと思います。FXを始める方が思う一般的な質問は、通貨の値段に関する質問が多くあります。その値段についての質問は、どれだけの値動きがあるのか、とい...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索