Home

FX【逆指値注文】図解 | 逆指値は成行と指値を組み合わせた注文方法

FX取引の注文方法である「逆指値注文」。読みは「ぎゃく さしね」

FX取引の注文方法で、逆指値注文は基本的な応用方法です。名前は仕組みと関係が薄いですので、名前から注文方法の仕組みを間違って覚えないように注意して下さい。指値注文の逆という事はありません。

逆指値注文=成行注文+指値注文

成行注文をする値段を指定した注文方法です。

逆指値注文 図解
逆指値注文 図解

上図は「98円になったら成行注文」という注文例です。その後、指定した値段に動いたので、成行注文が出され、約定(注文の確定)します。

逆指値注文 とは、備えです

予期した事態に備えて、注文を出しておくという場合に適しています。

逆指値注文 使用例
逆指値注文 使用例

値段がどれくらいになったら、今後もその動きが続くという予想をして、その事態に備えて注文を出します。

上図の赤線は「100円になったら成行注文」という注文例です。100円まで値段が上昇したら利益が確定するので即売りたいという場合などが考えられます。

上図の緑線は「97円になったら成行注文」という注文例です。97円まで値段が下降したら、さらに下がる事態に備えた場合です。

逆指値注文 とは、取引から離れている時に有効

値動きを見る事が出来ない場合など、リアルタイムで取引が出来ない時に備えて、注文を出しておくという場合に適しています。

逆指値注文 使用例
逆指値注文 使用例

特に、下がる事態に備えて、損を防ぐ為に、取引端末から離れている時などに注文を出しておくと効率的です。

ただし、少し下がってから上がるという事がありますので、指定する値段には注意が必要です。

逆指値注文 は、成行注文の順番を待つ

成行注文に順番はありませんが、逆指値注文は指定した値段での順番を待つ事になります。

板情報 図解
板情報 図解

上図例に表示されている点線は、注文の予定です。

98円になったらという逆指値注文は、注文時は確定した注文ではありませんが、注文予定としての順番があります。

同じ値段での逆指値注文は、順番があり、成行注文の順番を待つという事もあります。

逆指値注文は 指値注文の反対

逆指値注文は「安くなったら買う」「高くなったら売る」という正当な売り買いを、指値注文と合わせて行います。

指値注文は、買い注文では、現在値より安い値段で買うという事が正当です。そのため、現在値より高値を指定して買い注文を出すことは出来ません。

そのため、少しでも値上がりしてから、値段を指定した買い注文は指値注文では出来ません。そういった場合は、逆指値注文を使います。少しでも値上がりした時点で即買い注文を出すという注文が出来ます。

逆指値注文 売買状況 例
逆指値注文 売買状況 例
指値注文 売買状況 例
逆指値注文 売買状況 例

上図は、灰色の線を現在値としています。

売り注文は買い注文の反対です。指値注文では、高い値段で売るという事が正当な注文です。そのため、現在値より安値では指値注文は出来ません。

現在値より少しでも値下がりした時点で即注文を出したい場合は、逆指値注文が適しています。

以上が逆指値注文の要点です。逆指値注文と他の注文方法に関する記事はこちら。

     

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索