Home
Home > FXとはお金を売買して収入を得る投資 今最も身近な小遣い稼ぎを学習する

FXとはお金を売買して収入を得る投資 今最も身近な小遣い稼ぎを学習する

FXを始めるにあたって、最も気になる数点について説明しています。

 

長文になりますが、噛み砕いてどなたでも分かりやすいような説明を心掛けていますので、ご了承下さい。

 

少しでも疑問に思ったところがあった場合は、ちょっと止まって考えてみてください。全く難しい事はありませんし、難しい事でもありません。

 

ただ初めて触れる情報というだけで、難しくて理解できない事ではありません。

 

FXという情報に触れる事に慣れれば、その情報自体にもすぐに理解できるようにもなります。

 

当サイトを一通りご覧頂ければ、FXについて一通り理解が出来ると思います。

 

おそらくFXとは、一般的な生活をしている上で自然に触れる事のない情報です。

 

重ねて申しますと、FXに限らず、初めて触れる情報はどんなものかも分かりませんから、振り返ると非常に簡単なものでも、初めはとっつきにくいです。

 

初めての事は何でも分からなくて当然で、触れてしまえば後は慣れるだけ。勉強ではありませんし、テストではありませんから、自分のページで自分なりに理解できれば良いのです。

 

当ページでは、以下の2点で説明しています。

 

FXの正式名称と意味

FXとは「Foreign Exchange」の頭文字をとった略語です。よって外国では通じません。

 

その意味は、外国為替証拠金取引です。国外では「Forex」(外国為替)、「Currency Converter」(通貨換算)が一般的です。

 

広い意味では、外国のお金を様々なお金に交換する事も含まれますが、日本のお金に交換するだけと理解して良いです。

 

日本のお金を得る事を目的にご覧頂いていると思いますので、まずは円を中心に説明を進めていきます。

 

堅苦しい名称ですので、FXという略称を用いたほうが分かりやすいと思います。

 

つまりはお小遣いが目的だったり、もっと大きな収入が目的だったりと様々だと思いますが、その目的は自分なりの事ですので、どんな目的でも問題ありません。

 

その目的を達成できるように、まずは基本を理解する事が大切だと思います。

 

FXとはお金の交換

では、外国のお金を日本のお金に交換するとは、どういう事なのか。

 

アメリカなどで使われている”ドル”を例にします。

 

例・現在「1ドルは100円」です。昨日は「1ドル90円」でした。

 

FX取引 取引図
FX取引 取引図

この場合で、昨日”日本のお金である円を”1ドルに交換して、その1ドルを今現在”日本のお金”である円に交換したとします。

 

そうすると、”円からドル”に交換した昨日の時点と、”円からドル”に交換した今現在で、円に差額が発生します。

 

その差額は、10円です。昨日は”90円で1ドル”に交換できた。今日はその”1ドルが100円”に交換できた。円をドルに交換してまた円に交換するだけで、10円の収益になるわけです。

 

これが、1ドルでなく、100ドルに交換していれば、1000円の収益になる事になります。

 

こうした円の動きを「円安・円高」と表す事があります。耳にした事もある用語ですが、下の図で説明されています。

 

FX取引 取引図
円安・円高 相関図

日本のお金である円を、外国のお金に交換する、という方法については、後に確認して下さい。

 

 

 

交換したときのお金の価値が違えば、その違いでお金に差額が発生する、という事になります。

 

その違いが何故、どのように生じるのか、上の図であるようにシーソーのようなバランスである事は分かると思いますが、需要と供給のバランスで成り立っている事をご理解いただいていれば十分だと思います。

 

今は、”日本の円と外国のお金を交換”すると言う事で、その交換した時のお金の価値の違いで、差額が発生するということを理解できていれば良いです。

 

その交換を用語にすれば正式名称の”外国為替取引”(がいこくかわせとりひき)という事になります。何となく耳にした事がある方も多いと思いますが、噛み砕いて説明するとこういう簡単な事なのです。

 

そしてその”差額”が、多ければ収益になり、少なければ損である損失になります。

 

ここで感の良い人ならば、「差が多い時にだけ交換すれば損はしないのでは」と考えると思います。

 

また「差が少ない時は交換しなければ良い」とも思うでしょう。

 

そこにはこのFXというお金を交換する”取引”の仕組みが関係していて、難しいところです。

 

では、最後に復習をして別の項目に移りたいと思います。

 

おさらい

FXとは何か、ドルと円などの”お金を交換する事”。簡単に言うとそういう事です。

 

その交換のタイミングで発生する差額を目的にして”お金を交換する事”がFX取引です。

 

ここまで読み進めていただいていたら「FXとは何か」についてご理解頂けたものと思います。

 

冒頭で申し上げたとおり、どなたにも分かりやすくという事を心掛けている為、どうしてもムダに説明が長くなってしまっている事をご理解下さい。

 

このようなペースでその他もご説明させて頂いていますので、すんなり理解できてしまう方々は、要点だけを押さえてドンドン読み進めていってください。

 

当サイトは「FXについてのマニア」を目指すためではなく、「FXを実践する」ためにスタートラインに立つまでを目的としています。

 

いち早くスタートラインに立つ事が出来れば良いのであって、それぞれ必要な情報が必ず当サイトで得られますので、要点だけ押さえてスタートできる方は、ご自分のペースで進んで下さい。

 

ゆっくり読み進めていただく方も、その他のページから必要な項目をご覧下さい。

 

どれから読んで良いのか分からないという場合は、このページを基点として、ご案内していますので、その通りにお読み頂ければ、順を追って無駄なくFXについての情報を得られます。

 

その次のページは、FX取引のやり方をご覧頂きたいと思います。

 

 

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索