Home
Home > FXと円高・円安は値動きに関係する情報

FXと円高・円安は値動きに関係する情報

FX取引と円高、円安の関係についてのページになります。

 

FX取引とは、お金で違うお金を買って売り、その額の差で損益になる投資です。

 

元は外貨投資などと言われていましたが、今はFX取引として短時間で外貨と交換して、その為替レートの差額を損益とする投資になっています。

 

難しく言えばそのようなFX取引ですが、お金でお金を売り買いするという位の理解があれば良いと思います。

 

では、お金をお金で売り買いするとはどのような事でしょうか。

 

FXには円高、円安が関係

お金の売り買いを、お金を買って売る事を例にすると、日本のお金である円で、アメリカなどで使われれているドルを買う事などがあります。

 

この例では手数料などは含まれません。詳しい手数料などは、別のページでご確認頂きたいと思います。

 

 

 

では、1ドル100円の時に、1ドルを円で買うと、必要な額は100円です。

 

その後、1ドル110円の時に、買った1ドルを売ると、110円が売却額になり、10円の収益になります。

 

この例で分かるように、日本の円で別の通貨(お金)を購入しています。

 

その事から、日本の円の価値が、大きくFX取引に関わっている事が分かります。

 

FX取引をする際には、すでに持っている円を使用しますが、円に戻す際、つまり売るときには、円の価値が買った時より高い事が、収益には必要になります。

 

円高、円安とは、どういう意味なのでしょうか。円が高い、円が安いと書きますが、これは元々相対的な価値、相対的な状態を言いました。

 

しかし、その相対的な価値が時代や時間によっても異なり、常にお金の価値は変動している事から、曖昧になっています。

 

そのため、最近では、1ドル100円前後を目安に、円高か円安とされるようになっています。

 

円高は円の価値が高い 円安は円の価値が高い

1ドル100円前後が、円高と円安の目安となっていますが、ではその金額がどう変化すれば円高か円安となるのでしょうか。

 

円高は円の価値が高い事を意味します。しかし、円の価値を表す金額が大きければ価値が高いわけではありません。

 

例えば1ドル150円なら、円安、となります。

 

これは、150円が円の価値を示しているのではなく、ドルの価値を相対的に示しているからです。

 

つまり、1ドルの交換(購入)には、150円が必要という意味になるのです。1ドルは150円の価値という相対的な示し方なのです。

 

1ドル90円なら、円高、となります。

 

この場合は、1ドルの交換(購入)には、90円が必要だという事で、1ドルは90円の価値という示し方になります。

 

時間を前後して説明すると分かりやすいと思います。昨日は1ドル90円で買えたのに、今日は1ドル100円を出さないと買えない。つまり円の価値が昨日より下がったという事、円安になったという事です。

 

この日本の円を、他のお金で価値を表す場合は、円の金額が小さいほど、円の価値が高い事になるのです。

 

円高、円安とは、他のお金の値段で表す場合は、円の金額が小さければ円高、高ければ円高、になります。

 

下の図では、1ドル100円を基準に、需要との相関を示しています。

 

円ドル 需要 相関図
円ドル需要相関図

見た目の金額と反対の意味合いになりますので、わかりづらいところがありますが、自分なりに覚えておくと良いと思います。

 

そして、FX取引は、円を他のお金と売買しますから、円高、円安が大きく関わってくるのです。

 

FX取引と円高、円安の関わり

では円高、円安とFX取引がどのように関わってくるのでしょうか。

 

日本で暮らしていれば、日本のお金である円だけしか基本的には利用しません。

 

そのために、円の価値はほとんど関係はありません。

 

円の価値は、相対的なものと冒頭で言いましたとおり、他のお金との関係から、その円の価値が示されています。

 

FX取引には、円以外のお金、つまり外貨(外国のお金)を円で買いますから、円の価値が必要になります。

 

価値は必要ない日本国内で円を得て、その円でFX取引をする場合は、その価値は大きくは影響しません。

 

日本国内では、円そのものの価値ではなく、円の数量が価値になりますから、その数量がFX取引には関わってきます。

 

円の数を多く持っていれば、多くのお金を購入できて、そのお金を売ることで、多くのお金を得られる可能性があります。

 

買った時のお金を売る時に、その値段を当然、考えて売るのはFX取引です。

 

そのお金の値段の動きが、円高や円安が関わってくるのです。

 

これは、お金の値段を予想する事に繋がるのですが、現在が円高か円安によって、その他のお金の値段に関係してくるのです。

 

円高、円安から通貨の値段を予想

日本の円はとても安定していて価値があるお金です。その円が、高くなったか安くなったか、という情報は、世界のお金に関係する所が注目しています。

 

世界の国々の銀行だったり、FXトレーダーだったり、多くが円の値動きに注目をしているのです。

 

なぜ円を注目するのか、円が安くなった場合、安定している円が安くなるという事は、何か問題が世界中のどこかで起きているのではないか、とその多くが考えるのです。

 

すると、自分が保有しているお金が円でなくても、その保有しているお金の価値が下がっても不思議ではない、と考えるのです。

 

FXトレーダーは、常に損を回避する事を考えていますから、情報の収集にぬかりがありません。

 

その情報に、円安になったとあれば、保有しているお金や、また別のお金の購入を考えたり、色々な動きが世界中で起こるのです。

 

反対に円高になれば、それに関係して状況が変わることになります。

 

円高、円安とは通貨の値段を動かす情報

従って、円高や円安とは、お金の値段を動かす大きな情報になるのです。これはFXトレーダーなどが、円高や円安といったニュースをチェックしている事に繋がります。

 

ニュースでも1ドル何円で、円安や円高という情報を扱っているのは、そういった世界が動くような情報だからなのです。

 

FXトレーダーは、世界中のニュースをチェックしています。これは、どの通貨に値動きが起きる可能性を持った情報の確認です。

 

最近であった大きな動きは、イギリスがEUを離脱する事を決定したニュースがありました。

 

そうしたときには、イギリスで扱っているお金は大丈夫なのか、という考えが世界中では働いて、そのお金に値動きがある、というようにニュースから読み取れるのです。

 

また、輸出や輸入に関わってくる事は言うまでもありません。

 

FX取引における円高や円安という情報は、その値段だけでなく、円の値段がどう動いたのか、それによって他のお金も動く事が考えられる、という簡単な理解で良いと思います。

 

最新記事

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FX売買の注文で通貨の指定がない訳 仕組みを理解する必要

FXを始めて、いざ注文という所まで進んだ時、ふと疑問になった方は多いと思います。FXの注文での売り買いは、通貨の指定がない事がほとんどです。そのため、通貨ペア「ドル/円」などでは、ドルを買う、円を買う...
FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引の売り注文からの始め方 FXは売る事から取引を始める事が可能

FX取引において、売り注文から始める方法、新規売り注文についての説明です。FX取引の売り注文からの始め方は、その通り、売ることからFX取引が始まる事です。普通のFX取引は、日本円で外貨を買って売り、その額...
FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

FX相場に関わる金融政策と日本銀行について 国内政策が外国為替に影響する理由

金融政策とは、国が自国通貨の国内価値を安定させるために行います。それは、日本銀行が通貨を安心して使用できるようにするという、銀行の機能に基づいているのです。その安心して使用できるということに、対内...
FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

FX「為替売買動向/ポジション比率」の見方と活用方法 トレンド予想と投資家予想を見る

為替相場の動向を知る上で、発注済の注文と未決済のポジションを確認して、大まかなトレンド等を見ることがあります。通貨ペアによって、どれだけの売り注文・買い注文が出されているか、未決済のポジションはど...
米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

米国債など国庫債券の解説 利回りの決まり方 利息の違いとは 為替への影響の何故

国債など債券についての解説です。国債とは債券の一種で、その債券は有価証券に類します。有価証券のその他は、株式や社債、公社債、小切手や手形など。有価証券とは、それ自体に財産的な価値がある券の事で、現...
ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

ファンダメンタル分析の対象になる実例 取引材料の実際の出来事から学ぶ

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になる、という記事からの派生になります。取引材料6選とはFX取引に取り掛かる前の確認事項...FX取引を始める前、ファンダメンタル分析を行う事が推奨され、テクニカル分...
FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引前の確認事項 取引材料6選 とは 国債利率や地政学リスク、災害や他投資等

FX取引では、ファンダメンタル分析が重要になります。取引を始める前、デイトレードならその日に取引を始める前に、ファンダメンタル分析を行います。テクニカル分析でなくファンダメンタル分析が、ご自身に独自...
more

FXとは

FXの注文について

テクニカル分析について

ファンダメンタルズ分析について

FXの専門用語

FX会社の比較 検索